BLOG ブログ

カテゴリ

訪問看護とは

ブログ

目次

訪問看護とは

訪問看護とは、看護師などの専門職が利用者様のご自宅を訪問して、主治医の指示や連携のもと行うケアを指します。病気や障がいがあっても、医療機器を使用しながらでも、住み慣れたご自宅で最期まで暮らせるよう、多職種と協働しながら療養生活を支えるサービスとなっています。
訪問看護によるケアはお子様からご高齢の方まで、病状や障がいの程度を問わず、看護ケアを必要とするすべての方が受けられます。また、ご本人だけでなく利用者様のご家族からの介護相談・健康相談にも応じます。

訪問できる職種

保健・医療の十分な知識と技術を持つ看護職(看護師・准看護師・保健師・助産師など)が訪問看護を行います。また、リハビリテーション専門職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)が、訪問看護の範囲内で必要に応じて訪問することもあります。

受けられる看護ケア

健康状態の観察 / 病状悪化の防止・回復 / 療養生活の相談とアドバイス / リハビリテーション / 点滴や注射などの医療処置 / 痛みの軽減や服薬管理 / 緊急時の対応 / 主治医・ケアマネージャー・薬剤師・歯科医師との連携 など

訪問看護のメリット

地域で暮らす乳幼児からご高齢の方まですべての年代の方に、関係職種と協力し合い、必要な支援をお届けできる点です。「病気や障がいがあっても、住み慣れたわが家で暮らしたい」「人生の最期は自宅で迎えたい」という方をサポートできるほか、ご家族の負担の軽減にも繋がります。

SHARE
シェアする

HOME//ブログ//訪問看護とは